ラ・ラ・羅列

笑わせないでよ、ばかどもめ。
貴女のために死ぬことが、最善であり最良なんだって 相互不理解の末。
貴方が今夜きっといい夜を過ごせますように なんの不安もなくいい夢が見られますように。
勘違いは関係の不都合を生むから言葉足らずでそうならないように努力はしているわけだけど平面的媒体に字を連ねてみてもあまり伝わりきらないところがあるみたいで不服、結果的に?要するにあなたを愛しているという話なんだけど結論を急ぐとこういう洗練さの足らないお言葉が口をついてしまういや文字を連ねているわけだし手をついてしまう?のね、もっともっとわたしを摂取してわたしの中で形成されている哲学とでも美学とでも言えてしまうそれにもっと触れて欲し
愛をもってして救おうなんて大それたエゴイズム、許してなんて欲しくない 同情で食べていけるような、そんな。もうそんなご時世でもないでしょう
真夜中の××なんて無かったよ とてつもなく優しくて愛に溢れているこの世界はその優しさとか愛だとかそういうものの存在故に私を殺してすり下ろすことがあるわけなんだけどそれこそわたしの自己怠慢からくるものであるわけだしそれ自体をわたしが責めることは多大なるお門違いということに相成るわけなのですが
お前の人に対しての畏怖を見ているからと言っていて お前 を心から許せるものでしょうか
厚意だって?それにしては味が悪すぎる
貴方がいないと満たされない、機能は停止なんてしないけど、どこか不完全で、秒針が無い時計のようなそんなような
おまえがたしかにころしたこのわたしのことをわすれるなよ
傷付く方がずっと楽だったんでしょそんなことはもうずっとわかってたよ
わかる?わたしの哲学、この狭い箱の中にたくさんの愛と夢と浪漫を溢れさせるためにわたしは今生きていてそのために生きられることを何よりも幸せに感じているけれどこの箱に期待していた他人の哲学をどうにも腹に溜めていくことができていなくて喉が乾ききるような気持ちが
恋のプロセスを、愛への集結を、コンスタントに作業的にこなしてしまえるようなチープな考えも人間性も必要だなんて夢のない話
昨日なんて今日のためのアクセサリーのようなもので今日が昨日になればそれはもうどうでもよくて明日だけがどうしようもなく怖くなる
冷たいところに転がるとまず裸足のままの足の指先から凍って消えていくような感覚があってその感覚がなんとなく癖になってしまう追い詰められるその感覚の中にジェットコースターで落ちていく時のような恐怖を感じてはほくそ笑む
砂を噛んで吐き出すような毎日にオアシスをくれたのがあなただなんて
皮肉












上記の文章はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。





多分。

懸想









明日は私の大好きな人の誕生日です、ほほ。


「俺達、10も年の差があるんだよ」
ってさ、そういうのだけちゃんと教えてくれるんだね。
教えてくれなくても知ってるし、わざとそういうのから目を背けていること、分かっていて。?ふ。


数字の羅列のこと、嬉しそうに話す、全然わかんないけど、嬉しいなら私も嬉しいよ。
うん、って顔して笑って少しだけ頷いてさよなら、を言う、律儀なそういうとこ。
窓際の陽に当たる白い肌が綺麗でした。
ね、私の青春は全部貴方のものだった。
紛れもなく、1人の女子高生の3年を全部奪い去ったこと。

きっと自覚はない。そんなのしてくれなくていいけど。
何もしてくれなくていいよ、ただね。
私にちゃんと笑いかけて。
もっと貴方のこと教えて。
少しだけ私のこと考えて。
ふふ、嘘です。



嘘です。



誕生日おめでとう。

大好きです。




これはほんとです。


ね、わたしもういなくなります。
3年間ずっと迷惑をおかけしまして、。
ごめんね。きっと許してね。
最初に見た時からずっとずっと好きでした、
何があろうが、貴方が笑ってくれるから、私はずっと立っていられました。
悲しいこと、苦しいこと、寂しいこと、何1つ教えてあげなくてごめんなさい。
教えてくれなくてもいいと思うけど。だよね。

貴方は私のこと何も知らない。

私、貴方の前でほんとに辛いことを言ったことも、泣いたこともありません。
一番貴方に聞いて欲しかったのに。
一番貴方に聞いて欲しくなかったから。
貴方と程々に仲のいいあの人は、私のことを貴方より知ってます。
私にいつも優しくしてくれました。
多分、誰より。
でもそれでも貴方の前では何も言えなかったの。
3年経っても言いたいこと一つも言えません。
貴方は自分の容姿に自信が無いというけど、私は貴方の笑うとただの線になっちゃう目も、切りすぎの前髪も、細い腕も、長い指も、全部好きでした。大好き、大好きです。
貴方の笑顔が、本当に可愛いと思っていました。
困った時の顔も。
私の身長に合わせてしゃがんでくれるその優しさも。
顔に似合わず男前なくしゃみするとことか、いつもハンカチ常備してるところとか、ほんとは教室の後に座ったら黒板が見えないくらい目が悪いのに、頑なにコンタクトをしないとことか。
少しでもお世話した生徒のいる学年のためなら、ちゃんと苦手な朝も振り切って、なんの得にもならないお仕事を引き受けてくれるところ。
少しだけ空回りが多いところ。
誰より見てきました、大好きでした。
全部が大好きでした。
全部言いたかったこと。何一つ言えなかったこと。
ね、私にちゃんと「頑張ってるね」って言ってくれたのは、貴方だけだったんだよ。
頑張ったら褒めてくれる、ちゃんと見ててくれた。
今更覚えてないかもしれないけど。
その全部に救われてた人間がちゃんといます。

最初から、私のことなんてその目に映っていないの知ってたよ。
でもきっと、それだから好きだったんだと思います。
今は言える気がしないけど、数ヶ月後の私はどうだろ。
もうどっちでもいいの。
今更声に出して言わなくたって、知ってるだろうし。
わざわざ言葉にすることで、平べったくプレスされてしまうくらいなら、なにも言わなくていいし。
それでも言いたかったら多分言うけど。
最後に迷惑かけちゃうけど。
ちゃんと私とさよならしてください。

寂しいからまた会いに行くかもしれないけど、好きに幸せになってくれて大丈夫です。
貴方の左手の薬指に異物が絡まってようが今更文句は言いません。
言えるような立場でもありません。
きっと私もなんとかして、幸せになるので。
また会った時、次こそは、私服の感想聞かせてください。



ばいばい、27歳のかみさま。

斃死

今年の私が死にます。わーい。

辛いも苦しいも悲しいも寂しいも全部やり飽きた。
今までなんとか生きてきたこの18年間の中で多分割とアレな年。

私は自分で思ってたよりも血縁者達の事が好きでした。

まぁもう遅いけど。
来年から10年とちょっと生きてきたこの外の気温と室温が同じくらいの底冷えする断熱材の無い家から出ていかなければならないらしいのですが。なんとも。

いい話、すきなひとは増えました。嬉しい。
年上のお姉さんたちはみんな優しい。
可愛いし美人。すげぇよ。推しに比例するわ。顔。
みんな辛いとか悲しいとか寂しいとか苦しいとか知らないでほしいし、幸せと楽しいがいっぱいならいいし、笑顔がいいし、お酒は飲みすぎないでほしいなぁ。泣いてるのはやだな。
私じゃ全然わからないこと多いから涙の拭き方さえわからない。何度も助けてくれてるのに。
子供でいたいけどそういう時だけ大人のことわかりてーーって思うな。

学校のやつらも、私のことなんてなんも知らなくていいから笑いかけてくんねぇかなーって思う。
私ほんと、学校好きだし。
職員室にいるあのスヌーピーに似てる彼とか関係なく。下心とか無しですよ。
あのスヌーピーはほんと、さっさとお土産くれ。
今年も顔が好きだったよクソ。来年もどうせ顔が可愛い。
閑話休題
2年前の私と同じ足掻きをしてるバンド女をどうにか助けたくて仕方が無い。偽善?力量が足りなすぎてクソなんだけどな。
ほんと、ずっと幸せでいてほしいのに、なんかなんで泣かなきゃいけないのかわからん。
みんな、私が朝から泣きながら登校する準備したのとか、トイレで吐いたのとか、血縁関係のある男にぶん殴られて冷蔵庫に頭ぶつけたのとか、大泣きしながらぼっちで夕飯キメたことがめちゃくちゃにあるとか、そんなの全然知らなくていいから私を幸せにしてくれ。
あとお前ら、ずっと愛してるよ。
来年カラオケオールもラブホでコンドーム水風船も夏の公園で焚き火もなんでもかんでも一緒にしてくれ。愛してるよ。
みんな楽しそうにしてくれてればいいんだよな。

あの、まぁ、知らなくていいからとか言って書くのは知って欲しいからなんですけど(笑)
馬鹿じゃん(笑)
年末なので供養させて、この全部を知る人がいないまま死んでいくのはちょっと寂しいので。
すきなひとのいやなことを力の限り殴打してなんとかしたいと思うのに全然できないのでしんどい。

まずは自分のいやなことを殴打したいんですけど、自分のいやなことは数年前の私のせいで今殴打できなくなった。
絶望の夜。
いや、なんか、まぁ、今かぁとは思ったけど、まぁ今なのかなぁとは思ってた。
ずっといつか来ると思ってた日が今年来てしまっただけの話だったんだけど。
頭がぐるぐるになって
「あーーー、そう」
みたいなことしか言ってなかった気がする。
お母さんは「ごめんね」って言ってたけど数年前に家がこれになった時、わがままを言って止めてしまったのは私なのでもうなんにも言えません。
あの日の私がお母さんにわがままを言ったせいでこの数年この人を不幸にしたのは私なのかーーーーーーーと合点。
知らなかったし覚えてなかった。
尚更。何も言う権利ないじゃん。ってね。
なんかもう
色々聞かされてまじかァみたいな。
知らんわ、話すな。
知りたくなかった、なんにも知らないでいたかったーーーーーーーほんとに。
知らんまま大人になりたかったせめてもうちょい待ってほしかった。

うそ。

ほんとはずっと知りたくなかったし、ずっとこのままでいたかったのにそうもいかない。
血縁者の大人の話を聞く度にほんとに好きな人と結婚したいと思う。
好きな人と結婚できたならこんなことにはならんかな。
マジでロマンを信じてるからこの人達見るたびになんなんだと思う。
なんでこんななのにセックスした?まじでありえん。
そりゃこんな子供が生まれるわ。クソやん。
やめてくれーーーーーーーもう全部嫌だ。
アリクイになりたい。アリクイに。

来年はまじで幸せになりてぇーーーーーーー
早く死にたい、今年の私、ここまでの私の中で一番最悪だったのでさっさと死んで来年やります。
来年はどうぞうまく頑張れますように。

むりか。

土葬


好き、の経過に性的欲求が必ずしもあるというのは普遍的な こう 免れない事なの、

って そんなような事を先輩が言った。

愛や恋の1つの通過点としてセックスをするのは何もおかしい事じゃないだろ、でもそれが、普通かどうかの話であって。

誰しも好きな人、に対して性的欲求を求めるかってそうとも言えない。

逆もあるし、セフレなんてもんがそれを実証するわかりやすい例えでしょ。

好きな人だけどセックスしたい訳じゃない、じゃあ好き、じゃないんじゃないのって
そうじゃないよなぁ。

それはまぁ多分人それぞれだから、価値観というやつ。
恋慕と性的欲求を同時に特定の人に抱いたのならそれは運が良いこと?

性的欲求の伴わない好き、とか伴う好き、とか。好きってなんなの、誰がどこで見つけて、みんなどこで習って、正しい好きを知って、いつ好きに気が付くの。

好きの定義を探すのは思春期の特権でしょ、だから、許される限り、やりたいだけやるよ。

愛する、は溢れてるのに愛される、が乾きすぎなの、なんでなん?

それ相応に愛されたならちょっとだけでも愛してやってよ、可哀想でしょ。
なら愛に「する」と「される」なんて動詞つけんなよ。
そう、変に愛にだけ受身形があるから恋はエゴだなんて言われて虐げられるんじゃないか。

恋する、はあるけど恋されるって無いから?
愛はするもので恋は落ちるもの、愛は重くて恋は軽い、愛は相手本位で恋は自分本位?

馬鹿か?区別なんてないだろ

なんでいつの間にか恋はそんなに肩身が狭い思いしなきゃなんなくなってんの、なんで100均のルーズリーフみたいな扱いをされてんの。

好きに質量なんてないよ、分かるでしょ、比べる秤も無いんだよ。

そんなんだから駄目なんだよ。

愛は無償のものだから尊いなんて、じゃあなんでいつもいつも愛の重さで争うんだよ。
その時点で全然尊くないだろ、尊いものに土下座して許しを乞え。


お前がどれだけ愛そうが、私がどれだけ想おうが、あの子がどれだけ泣こうが、君がどれだけ笑いかけようが、返されない時は返されないよ。

結局みんな自分勝手、全員、愛されたがりの馬鹿野郎。
欲求不満にも程がある、他人がいなくちゃ生きられないのかよ、私もそうだよ。

メンヘラ大量出荷させといて消費してくれないんじゃ、せっかく作ったのに勿体ないだろ。
なんとかしてくれ。

そろそろ返して、教わってたはずなのに無くなっちゃったもんを全部さ。



きっといつか全部埋めます。

「俺は、お前の家の事まではなんとかしてやれないから、お前が頑張れ、あともう少しだけ頑張れ」



私が言われたかったことは私の家にいる人間を、悪く言うわけにはいかないから、いい感じに見繕った社交辞令なんかじゃなくて。

ただただなんでもいいから頑張れと言って欲しかった。

エスパーかなにかなの?



秘密を守るように言ってきた当人は忘れてるかもしれないけど、私は忘れたことないよ。

誰にも言ったことないよ。

今も律儀に守ってるよ。


「大学に入って卒業して、その先がなんにも見えてないのやばいよね、」

ジュース飲みながら自動販売機の前でそんな事を言ったら

「そしたらうちで世話してやるよ」



って自動販売機に背中預けて笑いながら言ってた。



なんやねん、マジで。

「俺は世話しないけど、お前ひとりくらい、、連れて帰ったら俺の母親とかが面倒みるだろ」

どういう意味やねん、マジで。


私だったから特に騒がずにいたけど、私にならなんでも言っていいとでも思ってんのか。

絶対他の子には言わない方がいいぞ。


お世話にならないように、ま、頑張ります。

す。

勝手にエイリアン認定するのをやめろ

今、美術系の大学が注目を集めているらしい。
確かに本屋に最後の秘境なんて銘打った本が並んでいるのを見たし、テレビでよく特集を組まれることが多くなった気がする。

あるブログ記事でその事への危険性が説かれていた。
どこもかしこも皆、藝大美大にいる人たちを自分とは根本的に違うところにいる人たちだ、と考えがちらしい。
その考えは芸術家達の思いを台無しにするのだとあった。

確かにそうだ。

はじめから自分とは全く違うことを考えている人、と認識されてしまったらその人が生み出した作品の本当の意図が理解されにくくなってしまう。
作品を作る側は決してそんなことを望んではいないだろう。
私だって、せっかくなら作品を見て色々なことを考えてほしいと思って制作することが多い。

作品には必ず作者の思いが伴う。

どんな思いで制作されたのか、この人はどんなことを日々考えて、何を見て、何を感じるのか。
それを伝えるために作品を制作するんだ、と私は思うし、これは先輩の受け売りだけど、わざわざ藝大美大を目指すってことはアーティストを目指すってことだ。
ただ絵を描いていたいだけなら趣味でだってできるし、それこそ専門学校でだって充分仕事に出来る。
それなのにわざわざ血反吐を吐く思いで受験を乗り越えて、藝大美大を目指すということは、アーティスト──つまりは自分の思いを誰かに知ってもらうために作品を制作したいからなんだと。
先輩はそう言っていた。

確かに専門学校に入れば絵を職にして生きてはいけると思う、イラストレーターとかそんな感じ。
でも藝大美大にいる人もしくはその進路を希望する人は自分を作品で表現することに重きを置く人達だ。
そんな人達が世間から疎外され、自分達とは考えが違う人達なのだと認識されてしまったら、何のための努力だったのか?何のための勉強だったのか?

藝大美大にいる人たちは全然変な人達なんかじゃないし、ましてや天才なんかじゃない。
私の尊敬する先輩達は皆受験期の全てを自分の作品に注いで、泣いて、喚いて、もがいて、なんとか合格をもぎ取っている。
誰もはじめから描けた訳じゃない。
ましてや世間から疎外されるような、飛び抜けて不思議な人達なんかじゃ全然ない。
普通にカラオケとか行って、コンビニの激安なお弁当とか食べて、先生にいびられて愚痴って、毎日楽しそうに笑って、後輩である私を気さくにラーメンに連れていってくれて、優しくて、あったかくて、普通に普通の人達だ。
あの人たちの作品が、あの人たちが、積み重ねてきた努力を無駄にするようなことにはなってほしくない。

作品は作者だけでは成り立たないから。
誰かの反応があって初めて作品は生きるから。
作者はみんな、その反応を貰うために描いて、描いて、生きているから。

むしろ、描く側はうんと認められたがっている、知られたがっている、みんなに理解されたくて、毎日毎日描いて、生きているから。

どうかそんな思いがたくさん込められた作品の一つ一つが幸せになれますように。

9840円

帰宅すると寝室みたいな部屋と居間みたいな部屋にあるそれぞれのテレビがどっちも同じ事話してて、でもちょっと寝室みたいな部屋にあるテレビの方が遅れてて、そんでそれがクソボロな一軒家の1階に嫌な感じにハウリングしてて、気持ち悪くて頭痛がした。

多分父親みたいな人(嫌いなので親と書くことをしたくない)が寝室でテレビを見ていて、それをそのままに居間に向かってそこでまた同じ番組を見ながら夕飯を温めているのだと思うけど、それなら寝室のテレビくらい消せよ。
あと電気もよ。
進化してる科学技術に失礼だろ。
スイッチ一つで全部終わるんだぞ。

今日暑かった。
何?
突然夏を始めないで。

あと今日偉いから服着て外に出たんだけど、隣町に行こうとしてたのに定期忘れたせいで9723467億年ぶりに切符を買ったのね。
しかも万札で。ふふ、凄くない?お金持ち(違うな~~)
それで発見機が吐き出した値段が9840円。

1000円札9枚と500円玉1枚と100円玉3枚と10円玉4枚。

5000円札1枚と1000円札4枚が出てくると思ってたからびっくりした。

お釣りを券売機から受け取った時え、多くない?と思って見たら全部1000円札だった。
5000円札が良かったなぁ。
そっちの方が、貯めておこうって気になる。

隣町にある予備校に向かったら私服姿の私のことを4人の先生達がちやほやしてくれてちょっと嬉しかった、別に私服で行くのが珍しいわけじゃないのにね。
予備校といっても絵を描く場所で、今ではもう週5で夜8時半までの死闘を繰り広げることにはなってはいるけど私が8歳の頃初めて予備校に来た時は完全にお絵かき教室として来ていたし。
そのおかげでもうそこの先生達は私のことを娘みたいに甘やかしてくれるからすごい好き。
みんな優しいし、これは長くなるからまた別記事で書くと思う。

帰りにやっぱり今日も本屋に寄った。
クイック・ジャパンの中に平凡な男子高校生に短いインタビューをして、写真を載せて、その男子高校生の直筆の名前と年齢を載せているコーナーがある。
そこの男子高校生がみんな口々に好きな食べ物をラーメンと答えるのがすごく好き。

その後ヨドバシカメラに寄ったけど、ヨドバシカメラの店員さん肌が白くて綺麗めな人が多いと思う。
男の人ね。
今日私のレジを担当したミドリカワさんも肌が白くて、お釣りを渡す時の指の曲げ方が綺麗で、おまけに声も綺麗だった。
乾きたての布団を抱きしめる時みたいな安心する声。
ミドリカワさんって声優にもいるからミドリカワさんはみんな声が綺麗なのかな。

帰り道は昼間とは違って涼しくてちょうど良かったし、夏なんて来ないでいいのに。

毎度外に出るのは億劫だと思うけど、帰ってきてみればそんなことはないってなること多いしやっぱ外でなきゃだめだな。

お腹空いた。